ハウスメーカー売上高BEST5のグラフ

hotアイコン【必読】住宅展示場に行く前に絶対にした方がいいことは?

ハウスメーカー売上高ランキング一覧

順位 会社名 売上高(百万円)
1位大和ハウス工業2,007,989百万円
2位ヘーベルハウス1,666,640百万円
3位積水ハウス1,613,816百万円
4位住友林業845,184百万円
5位ミサワホーム394,696百万円
6位パナホーム289,402百万円
7位一条工務店243,700百万円
8位三井ホーム218,387百万円
9位トヨタホーム157,792百万円
10位タマホーム152,323百万円
11位東日本ハウス54,631百万円
12位桧家ホールディング52,120百万円
13位サンヨーホームズ40,884百万円
14位ヤマダエスバイエル39,860百万円
15位サーラ住宅31,968百万円
16位アキュラホーム27,800百万円

【売上高ランキング指標の読み方】

売上高を見ればその企業の大きさや規模が大体分かります。

売上高が大きければ、それだけのそのハウスメーカーの規模が大きいと判断してよいでしょう。

但し、注意しなければならないのは売上高が高くても営業利益が少ない、営業利益率が低い場合には注意が必要です。

広告費を増やしたり、大幅な割引をしたり、営業マンを大量に雇ったりすると、無理矢理にでも売上高を上げる事は可能です。

その分、利益が少なくなりますので、その売上高にはあまり意味が無く、健全な経営をしているとは言えない事があります。

売上高ランキングでは、大和ハウス、ヘーベルハウス、積水ハウスの3強となっています。売上高だけでは会社の善し悪しは分かりませんが、この3社がハウスメーカーの規模としては大きいという事が分かります。

※サイトをご利用いただくにあたっての注意点

財務データに関しては、上場しているハウスメーカーについては各社が公開している決算書類、非上場のハウスメーカーに関しては公的に公開されている統計・資料を利用しています。

全て客観的な事実に基づいてランク付けしたものであり、主観は一切入っておりませんのでご理解よろしくお願い致します。

信頼性のある正確なデータが取得できなかったものに関しては、その指標においてのみランク付けから除外しています。